シミに効く美白美容液 敏感肌

MENU

1 美白をしながら肌を整える効果のある美白美容液は?

美白をすると同時に肌を整える効果のある美白美容液で最もおすすめなのが、ディセンシアのサエルです。
サエルシリーズは化粧品会社ポーラの特許技術である、肌を外部の刺激から守るヴァイタサイクルベールという機能がある唯一の化粧品です。

 

ヴァイタサイクルベールとは肌の表面をピッタリと覆うバリアのことで、このバリアがあることで肌の水分蒸発を防いだり、ほこりや乾燥などの刺激から肌を守ることができます。
サエルシリーズは配合成分による刺激を減らし、外部からの刺激をシャットアウトすることで徹底的に肌を守りながら美白していくという処方の化粧品です。

 

サエル

2 美白化粧品の刺激は赤み・肌荒れを起こす原因になるかも

美白

年々顔のシミが気になってきていませんか?シミは皮膚内で作られるメラニンが肌に沈着し、表面化したものです。

肌に溜まったメラニンはターンオーバー(肌の新陳代謝)で排出されるのですが、30歳を超えるとターンオーバーのサイクルが段々遅くなってしまいます。

 

こうなると、メラニンを排出しきれなくなってしまい、シミが表面化しやすくなってしまうのです。
そこで、頼りにしたいのが美白化粧品です。

 

美白化粧品は主に、今あるシミを消す・メラニンの生成を抑制する・肌の透明感を引き出すなどの効果があります。美白に関する詳しい効果・成分については後ほど解説します。
しかし、美白化粧品に含まれる美白成分が肌に刺激を与えてしまい、お肌がピリピリしたり、赤み・肌荒れを経験する人が多いのが現状です。

 

元々の肌のコンディションが悪い状態では美白成分の吸収も悪く、効果を感じにくくなってしまいます。
肝心なのは、肌を整えながら美白をしていくことなんです。

3 シミができる理由は肌のバリア機能が低下してダメージを直接受けているから

美白

シミ対策にダメージケアが最も必要と言われる理由は、ダメージのサイクルができあがってしまっている状態では、美白ケアの効果が焼け石に水だからです。

元々、ダメージを受けて乾燥肌、敏感肌になっている肌は、さらなるダメージを跳ね返す力を持たないので、炎症を起こしやすく、シミを残しやすいのです。

 

そのメカニズムを詳しく見ていきましょう。

 

 

 

3-1 シミができる原因は日焼けだけではない!

冒頭で紹介した「ターンオーバー機能の低下」以外にもシミができる原因があります。
肌は元々外部からの刺激から守るバリアのような機能を持っています。

 

しかし、敏感肌や乾燥肌・日焼けした後のように肌が健康な状態でないとバリア機能は低下をしてしまいます。
バリア機能がきちんと働いていない肌が外部から紫外線や化学物質などの刺激を受けるとメラニンが作られやすくなってしまい、シミができやすくなってしまうのです。

3-2 敏感肌・乾燥肌はシミができやすい?

敏感肌・乾燥肌・ニキビ・肌荒れの肌トラブルがあると、肌のバリア機能が低下するだけではなく、ターンオーバーも乱れてしまいます。
ターンオーバーが乱れると肌に蓄積されたメラニンがスムーズに排出できなくなり、余計にシミとして残りやすくなってしまいます。

 

また肌の状態が悪いと、せっかくの美白成分もうまく吸収しないので効果を感じにくくなってしまいます。
シミをなくすには美白が最も大事なのは変わらないのですが、その前にきちんと肌を健康な状態にすることが優先順位的には上なんです。

4 バリア機能が働いていない肌に美白美容液は危険!

美白

肌の角層が乱れ、バリア機能が低下している肌に美白美容液を浸透させてしまうとどうなるのでしょうか?

美白化粧品に含まれる成分も効果があるものなので、わずかではありますが多少の刺激があります。

 

肌のバリア機能が低下していると、その刺激をダメージとして肌に直接受けることになってしまいます。
結果的に、肌が炎症を起こしたり、メラニンを多く生成してしまうという逆効果に陥ってしまいます。

 

美白美容液を使うには、肌のバリア機能を強化しなければなりません。

5 効果のある美白ができる3つの方法

美白有効成分がきつすぎない美容液を選ぶ

シミやくすみをなくすことが目標なので、美白有効成分がきちんと配合されている美容液を選ぶのが大前提なのですが、
美白有効成分が強すぎると肌が刺激だと感じてしまい、ダメージを防ぐためにメラニンを生成してしまいます。
こういった残念な結果にならないためには、美白成分が含まれていてもなるべく低刺激の化粧品を選ぶことが大切です。
美白有効成分の中で最も刺激が強く、注意するべきなのはハイドロキノンという成分です。

 

有効成分ハイドロキノンって?

ハイドロキノンは美白化粧品にまれに含まれている物質で、今あるシミを消す効果のある成分です。
ハイドロキノン配合のクリームは実際に皮膚科でも医薬品として処方されています。
美白効果は有効成分の中で最も強いので、効果に関しては大変期待ができる成分なのですが、肌への刺激が強く使う人によっては肌に赤みを感じたり、乾燥でかゆみを引き起こしてしまう危険があります。

保湿成分がきちんと配合されている美容液を選ぶ

肌のバリア機能を上げるには、肌の角質層を健康な状態に保つ必要があります。
肌の角質層は感想などが原因で乱れてしまうので、普段から肌をきちんと保湿することが大切です。
美白有効成分が含まれていると同時に保湿の効果がある美容液を使用することで、肌の状態を正常に保ちながら美白に取り掛かることができ、より高い美白効果を発揮することができます。

 

できれば美容液に配合されていてほしい保湿成分

美白美容液として最も理想的なのはセラミド配合の美容液です。
保湿成分セラミドは化粧品の中で最も保湿効果が高い成分と言われており、セラミドの中でも特に「ヒト型ナノセラミド」という成分が最も肌への浸透力が高く保湿効果が期待できます。

抗炎症成分が配合されている美容液を選ぶ

敏感肌の原因の多くは肌の炎症です。肌が炎症した状態になってしまうと、肌のバリア機能が低下してしまいます。
炎症している敏感肌に美白成分をつけると余計に肌が炎症してしまい、負のスパイラルに陥ってしまいます。
抗炎症成分はそんなダメージから肌を守ってくれる効果があるので、できれば美容液に含まれているのが理想的です。
特に朝鮮アザミ(アーティチョーク)は、炎症を抑える効果に加え、アルブチンの5倍のメラニン抑制効果があることから、美白に対して効果が期待できる成分として注目されています。

 

美容液に配合されている主な抗炎症成分
朝鮮アザミ(アーティチョーク)、コイクセノライド、グリチルリチン酸2k、コウキエキス、甘草エキス、カミツレエキス(カモミラET、カモミラエキス)、フォトニール

 

美容液に配合されている主な抗炎症成分

コイクセノライド、グリチルリチン酸2k、コウキエキス、甘草エキス、カミツレエキス(カモミラET、カモミラエキス)、フォトニール

6 3つの効果を兼ね備えた美白美容液

先ほど挙げた効果のある美白美容液の条件3点「美白有効成分がきつすぎない」、「保湿成分がきちんと配合されている」、「抗炎症成分が配合されている」を全てクリアしている美白美容液を紹介します。
しかし、炎症や刺激が起こらないかなどの使用感は個人差があるので、一度トライアルで試してみる方が安全でおすすめです。

ディセンシア サエルホワイトニングエッセンスクリアリスト

美白

  • 美白有効成分:アルブチン
  • 保湿成分:ヒト型ナノセラミド、高フィットヒアルロン酸
  • 抗炎症成分:コウキエキス、グリチルリチン酸ジカリウム

最初の方にも紹介しましたが、サエルの大きな特徴は美白化粧品の中でも最も低刺激かつ保湿力が高く、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使えるシリーズです。
その中でも美容液はアルブチンという天然由来の美白有効成分が配合されています。

 

アルブチンはメラニンの発生を防ぐ効果があり、シミの原因となるメラニンを根本から絶つことができます。
保湿成分は最も浸透力が高く、角層の隅々まで届くヒト型ナノセラミドが配合されています。

 

抗炎症成分のコウキエキスは、抗炎症成分だけではなくメラニンを作る素を抑制する働きも確認されています。
サエルは美白有効成分・保湿成分・抗炎症成分がバランスよく配合された優秀な美容液です。

 

美白美容液・美白化粧水・美白クリーム・CCクリームのトライアルセット10日分2,160円が今だけ1,480円でお試しできます。

 

美白

HANAオーガニック ホワイトジェリー

オーガニックコスメ

  • 美白成分:アーティチョーク葉エキス、ハトムギ種子エキス
  • 保湿成分:シロキクラゲ多糖体、オタネニンジン根エキス、ダマスクバラ花水
  • 抗炎症成分:カンゾウ根エキス、アーティチョーク葉エキス、オタネニンジン根エキス、キハダ樹皮エキス、マグワ根皮エキス

 

敏感肌や乾燥肌に美白が効きにくいとされる原因が炎症です。
HANAオーガニックのホワイトジェリーは炎症を鎮めることによって美白に導く業界初の100%オーガニックの美白美容液です。

 

ホワイトジェリーは、濃縮オーガニックローズと8種の和漢植物エキスをブレンドされています。
植物エキス成分の1つであるアーティチョーク葉エキス(朝鮮アザミ)には抗炎症作用があり、肌内部で炎症が暴走するのを鎮める働きをします。
また、このアーティチョークエキスにはアルブチンの5倍のメラニン抑制効果もあるため、美白に対しても効果を発揮してくれます。

 

メラニンを作り続ける肌の暴走を止め、肌の根本にアプローチすることができるので、敏感肌にお悩みの方には特におすすめの美白美容液です。
ぜひ、業界初のオーガニック美白美容液とHANAオーガニックの基礎化粧品をまとめて34%OFFでお試しできるお得なセットで試してみてくださいね。

 

トライアル

アンプルール ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラ

美白

  • 美白有効成分:新安定型ハイドロキノン、アルブチン、ビタミンC誘導体
  • 保湿成分:酵母エキス、セラミド、ヒアルロン酸Na
  • 抗炎症成分:フォトニール

アンプルールシリーズ最大の特徴は新安定性型ハイドロキノンです。
先ほどハイドロキノンは刺激が強すぎると書きましたが、アンプルールのハイドロキノンは他の物質と合成させることで酸化を防ぎ、安定した効果かつ低刺激を実現させました。

 

開発の段階でテストも繰り返し行われているので安全性は極めて高いです。ハイドロキノンは今あるシミを消す効果のある唯一の成分で、今あるシミに悩む方におすすめです。
なお、美容液にはハイドロキノンは含まれていません。トライアルにある化粧水・クリームに含まれています。

 

美容液にはハイドロキノンを肌の奥まで誘導させる美白有効成分アルブチンが配合されています。
アンプルールの美白シリーズは6,500円相当の7日間トライアルキットが初回限定1,890円でお試しができます。

 

トライアル

アスタリフト エッセンス インフィルト

美白

  • 美白有効成分:ビタミンC誘導体
  • 保湿成分:ナノAMA、アスタキサンチン、コラーゲン、酵母エキス
  • 抗炎症成分:ツボクサエキス、グリチルリチン酸ジカリウム

今回挙げた3つの美容液の中で最も保湿に重点を置いた商品です。
美白成分の特徴としては、美白成分であるAMAを世界最小の20ナノメートルにまで小さくしたナノAMAが配合されていることが挙げられます。

 

成分をナノ化することによって肌への浸透が約2倍になり、より高い効果が期待できます。
他にもビタミンC誘導体配合でターンオーバーを促し、メラニンを排出させる効果があります。

 

アスタリフトシリーズはアスタキサンチンやコラーゲンなどの保湿成分が豊富で、ハリやうるおい、アンチエイジングへの効果も期待ができると口コミで評判となっています。
公式サイトではトライアルセットが5日分が1,000円でお試しできます。

 

トライアル

7 厚生労働省公認の美白有効成分って?

美白

そもそも化粧品に入っている美白に効く成分の名前ってどのくらい知っていますか?

美白有効成分とは、厚生労働省から美白に効果があると特別に認められた成分のことです。

 

もちろん厚生労働省公認の美白成分は安全性が高く、一定の効果が期待できます。
この美白有効成分を決められた量を配合し、厚生労働省の認可を受けた化粧品が医薬部外品と言われています。

7-1 厚生労働省公認の美白有効成分はこれだ!

現在美白に有効だと言われている成分は主にこの13種類です。
ではそれぞれの成分と効果についてご説明します。美白成分の中でもどういった方面に効果があるのかで主に4種類に分けることができます。

7-1-1 メラニンを作ろうとする情報の伝達をする物質をブロックする成分

メラニンが作られる最初の段階は、紫外線を浴びると私たちの体は肌をダメージから守るためにメラニンを作るという指示を出してしまいます。
肌にメラニンを作ろうと指示をする物質を阻害することでまずはメラニンが作られるのを阻止することができます。

 

カモミラET

花王が開発した美白有効成分で、キク科の植物であるカミツレのエキスから抽出された成分。
メラニンを生み出す指示を出す働きがあるエンドセリンを阻害・ブロックする効果があります。自然由来の成分なので副作用もほとんどありません。

 

m-トラネキサム酸

こちらは資生堂が開発した成分です。特に30代女性にできる特殊なシミである肝斑への効果が高いとして厚生労働省から認可をされています。
トラネキサム酸はプラスミンというメラニンを作るメラノサイトを活性化させる働きのある物質を阻害する効果があります。肝斑に効く内服液や化粧品にはこの成分が良く配合されています。

 

t-AMCHA

2002年に美白成分として厚生労働省から認可された比較的新しい成分です。
大豆・卵黄から抽出された成分で、効果についてはm-トラネキサム酸と似ています。
メラニンを生成するメラノサイトの活性化を抑制するだけではなく、肌荒れを防止し乾燥から守る効果もあります。

7-1-2 メラニンをつくる働きをするチロシナーゼ酵素を阻害する成分

今度はメラニンを作る素となる物質を阻害することで、メラニンを作らせなくし美白効果を得る効果がある物質です。
チロシナーゼという酵素が体内のアミノ酸を結びついてメラニンが作られています。
このチロシナーゼ酵素の働きを抑制するのが美白の第2段階です。

 

アルブチン

アルブチンには、コケモモやナシの葉から抽出したβ-アルブチンと、江崎グリコが新たに開発したα-アルブチンの2種類があります。
アルブチンはハイドロキノンとブドウ糖を結合させてマイルドにした成分で、主にチロシナーゼ酵素をブロックする働きがあります。
新たに開発されたα-アルブチンの方がβ-アルブチンに比べ約10倍の効果があり、さらに刺激も少ないのでα-アルブチンが現在では多くの化粧品に使われています。

 

コウジ酸

コウジ酸とはその名の通り、酒造りに使われる麹菌を培養して作られた美白成分です。
酒蔵で働く職人さんの手が白くきめが細かいことから開発されました。美白効果としては、メラニンを作る素であるチロシナーゼ酵素をおさえる働きがあります。

 

エラグ酸

エラグ酸は、ブラックベリー、いちご、クランベリー、ナッツ類などに含まれる天然のポリフェノールから作られた成分です。
チロシナーゼ酵素の働きを阻害する効果の他に抗酸化作用もあり、肌細胞が活性化してターンオーバーを促す効果もあります。

 

ルシノール

ルシノールはPOLAが開発した美白成分で、シベリアのモミの木から抽出されています。
この成分はチロシナーゼ酵素との結びつきが特に強く、高い美白効果が期待できます。
ルシノールは配合させることでコストがかかりすぎる所がデメリットですが、今後期待できる美白成分だといえるでしょう。

 

リノール酸S

こちらはサフラワー(べに花)の油から抽出された美白成分で、2001年に厚生労働省に認可された比較的新しい美白有効成分です。
元々あったリノール酸は肌への浸透力が高すぎて、表皮への効果が薄いとされていましたが、改良されて表皮のメラニンにも効果が出やすくなりました。
保湿効果も高く、総合的に優秀な成分です。

 

7-1-3 作られたメラニンが角質細胞へ押し上げられるのをのを防ぐ成分

ここからはシミのもとであるメラニンが作られてしまった後の話です。メラニンは作られてすぐシミにはなりません。
しかし、体内でできたメラニンが肌細胞に受け渡されるとシミへと変わってしまうのです。
この体内から肌細胞への伝達を防ぐことで、作られてしまったメラニンを表面化させなくします。またこの段階でメラニンの排出もできます。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は最も多くの美白化粧品に配合されています。多くの方が知っている成分なのではないでしょうか。
この成分が多くの化粧品に使われる理由は、多方面への美白効果と安全性の高さにあります。
ビタミンC誘導体は、メラニンの生成を抑制するだけではなく、メラニンが肌細胞へ伝達するのをブロック、さらにメラニンの黒化を防ぐ非常に万能な成分です。
また、ビタミンCは古くから発見されていて、安全性がきちんと証明されているので安心して使うことができるのも人気の理由です。

 

エナジーシグナルAMP

この成分は母乳や種子などにも含まれるエネルギー代謝に深くかかわっている物質です。肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促す働きがあります。
肌の代謝を上げ、ターンオーバーを促すことで、メラニンを排出させやすくなる効果があります。
ターンオーバーの乱れ・遅れはシミだけではなく肌のくすみの原因にもなってしまいます。
ターンオーバーをしっかりさせることで、自然とシミができるのを防ぐことができます。

 

7-1-4 黒化したメラニン(シミ)を還元して薄くする成分

肌細胞へ流れてしまったメラニンは黒化してシミへと変化していきます。
シミへと黒化してきているメラニンを還元して色を薄くするのがシミを防ぐ最終段階です。
すでに目に見えているメラニンを薄くする効果があるのはこの段階の成分です。

 

ハイドロキノン

今顔の表面に出てきているシミを薄くする強力な効果がある成分で、即効性も高いです。
皮膚科などでもシミを改善する塗り薬としてハイドロキノンが処方されています。
しかし、副作用で肌トラブルを起こす危険性があるので、アンプルールのように改良されたハイドロキノンが配合されている化粧品を使うか、配合量の少ない化粧品を使うのがおすすめです。

 

油溶性甘草エキス

グラブリジンともいわれているこの成分は、甘草という植物から抽出されている油溶性のエキスです。
チロシナーゼ酵素の働きを抑制するだけではなく、メラニンの還元作用でシミを薄くする効果もあります。
さらに、消炎・抗酸化作用もあり肌荒れが起きにくいこともメリットです。

 

プラセンタエキス

プラセンタもよく聞く成分だと思います。プラセンタは動物の胎盤から抽出された成分で、生命の源であるアミノ酸やたんぱく質などの成分が豊富に含まれています。
また、新陳代謝の調整や細胞の修復作用があるのでエイジングケアの効果も期待されています。
肌の血行を良くしてターンオーバーを促し、メラニンを排出するだけではなく、色素沈着でできてしまったシミを薄くする働きもあります。

 

上記の美白有効成分が配合されている化粧品を選ぶことは美白をするためにもちろん重要なのですが、美白成分による刺激で肌荒れをしてしまっては元も子もありません。
肌の炎症の原因となる乾燥肌を防ぐ、美白成分による肌の炎症を防ぐことも忘れてはいけません。
あくまでも「美白」と「肌荒れ・乾燥対策」を並行して行うことで高い美白効果を感じることができるのです。

8 美白有効成分で見る本当に効果のある美容液ランキング

ディセンシア サエル ホワイトニングエッセンスクリアリストの特徴

セット内容 :
・ホワイトニング ローション 14ml
・ホワイトニング エッセンス 8ml
・ホワイトニング クリーム 9g
・CCクリーム 1回分

美白有効成分・効果 ☆☆☆☆☆
肌への刺激の低さ ☆☆☆☆☆
保湿性・うるおい ☆☆☆☆☆

価格 1,480円
評価 評価5
備考 10日分
ディセンシア サエル ホワイトニングエッセンスクリアリストの総評

「美白・保湿・低刺激を兼ね備えた最もバランスが取れた美容液」
なぜサエルシリーズの美容液がもっともシミに効くかというと、1本で美白と美肌を両立しているからなんです。
美白化粧品は美白成分の刺激が強いものが多く、肌に赤みが出てしまったり、ピリピリと刺激を感じてしまうことがあります。
それは肌が炎症を起こしているサインです。炎症を起こした肌に美白成分は全く効果は出ないし、さらなる炎症を起こす危険性があります。
 
サエルシリーズは敏感肌用に開発された化粧品で、他の美容液に比べ刺激の低さは圧倒的です。
保湿成分ヒト型ナノセラミドや植物由来の抗炎症成分で、美白成分による刺激やダメージからお肌を守ってくれます。
他にも肌トラブルの原因となる香料・アルコールなども不使用。とても肌に優しい化粧品で、多くの人の肌に合うように作られています。
美白に対してもシミ・くすみの原因を多方面からブロックしています。
例えば、「メラニンの黒化を防ぐ」「メラニンを作らせない」など、シミをなくすと同時にシミを予防もする工夫もされています。
サエルに使われている美白有効成分はビタミンC誘導体やアルブチンなど安全性が極めて高いものばかりで、肌荒れなどのストレスなく安心して使えます。

アンプルール ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラの特徴

セット内容 :
・ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
・ラグジュアリーホワイト ローションAOU
・ラグジュアリーホワイト 薬用アクティプフォーミュラ
・ラグジュアリーホワイト エマルジョンゲルEX

美白有効成分・効果 ☆☆☆☆☆
肌への刺激の低さ ☆☆☆☆
保湿性・うるおい ☆☆☆☆

価格 1,890円
評価 評価4.5
備考 10日分
アンプルール ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラの総評

「今あるシミを集中ケア!」
アンプルールのシリーズは安全性を高く改良したハイドロキノンが配合されているのが何よりも特徴的です。
ハイドロキノンは今あるシミに対してピンポイントに作用します。即効性も高いので、今すぐシミをなくしたい方には必見の美容液です。
ハイドロキノン以外にも美白有効成分にビタミンC誘導体などを配合し、まだシミになっていないメラニンに働きかけ、シミの対策・予防にも効果があります。

HANAオーガニック ホワイトジェリーの特徴

セット内容 :
・ホワイトジェリー現品
・HANAオーガニックのトライアルセット(7日分)

美白有効成分・効果 ☆☆☆☆
肌への刺激の低さ ☆☆☆☆☆
保湿性・うるおい ☆☆☆☆☆

価格 1,480円
評価 評価4
備考 7日分
HANAオーガニック ホワイトジェリーの総評

「業界初!100%オーガニック美白美容液で敏感肌の美白が叶う!」 ちょっとした刺激でメラニン色素を作り続ける敏感肌。 敏感肌の美白に本当に必要なことは、ケミカル成分でメラニン色素を叩くことではなく、肌の炎症を防ぐことと排出の巡りを高めることだったのです。 朝鮮アザミを含めた9種の和漢植物によって炎症を防ぎ、ターンオーバーを整えてくれるのがホワイトジェリーの特徴です。 ホワイトジェリーは100%オーガニック処方なので美白にありがちな乾燥やピリピリもなく、敏感肌の美白を叶えることができるとして今大注目の美白美容液です。

アスタリフト エッセンス インフィルトの特徴

セット内容 :
・アスタリフトジェリーアクアリスタ 0.5g×10包
・アスタリフトホワイトローション 20ml
・アスタリフトホワイトエッセンスインフィルト 5ml
・アスタリフトホワイトクリーム 5g

美白有効成分・効果 ☆☆☆☆
肌への刺激の低さ ☆☆☆☆
保湿性・うるおい ☆☆☆☆☆

価格 1,080円
評価 評価4
備考 5日分
アスタリフト エッセンス インフィルトの総評

「うるおい成分たっぷり配合。肌の乾燥を防ぎながら美白!」
アスタリフトを開発した富士フィルムは美容成分をナノサイズにして、より肌に届きやすくなるよう研究を重ねてきました。
独自のナノテクノロジーにより美白成分をメラニン色素に直接届けることで高い美白効果を実現しています。
その証拠に化粧水や美容液の使用感・浸透力の高さは抜群です。
その他の成分はセラミドやコラーゲンなどの保湿成分が充実しています。写真フィルムの研究で培った最先端のコラーゲン研究が活かされている美容液です。